" />

勉強法・指導法 指導法

仕事算の導入に便利な単位「人月」について!(にんげつ)

こんにちは。
祝日や私立小学校の入試休みなどで午前中から授業をすることが多く、しばらくブログ更新できていませんでした。

今日は少し軽めのテーマを。
仕事算の導入で、例えば「5人の人が4か月で終わる仕事を、2人でやると何か月かかりますか?」のような問題をどう指導するか? です。

私が導入の際に使うのは「人月」という単位です。
これは実際に使われている単位で、IT業界や土木工事の工数見積もりの際などに使われます。

例えば「100人月の仕事」とは、10人のプログラマで開発すると10か月かかるような仕事量です。
100人月の仕事を20人でやれば5か月で終わりますし、4人でやるなら25か月かかる計算です。(あくまで机上の計算ではありますが)

生徒に仕事算の指導を始めて行うときには、この「人月」の話を一回するようにしています。
もちろん人月なんていう言葉は入試に絶対出ませんし、覚える必要もありません。
授業でも最初に一回だけ教えたらそれで終わりです。

実務で使われる単位である「人月」を中学受験生に教えるのはなぜかというと、実感を持ってもらいたいからです。
仕事算は仕事量という目に見えないものを扱います。「1人が1日にする仕事量を①とする」と説明されても、何のことだか分からずに苦手意識を持っている子がかなりいます。

算数の世界と現実の世界を結びつける橋渡しとして、人月という単位の存在の話をしています。
題材は何でも構いませんが、算数の勉強が実際に社会で使われているのだと教えてあげると、急に興味をもって勉強に身が入る生徒がいます。
色々な話の引き出しを持っていると指導に役立つことが多いので、家庭教師も日々勉強です。

【生徒募集】
算数・国語・理科・社会の家庭教師をお探しの方、ご相談ください。
算田が信頼しているハイレベルな家庭教師の先生をご紹介できます。
メールアドレス:sandasuutarou3.14@gmail.com

※算田の2022年度レギュラー授業の募集は停止しております。
時差のある海外からのオンライン授業など、平日の早い時間をご希望の場合はご相談ください。
算田が指導する場合の指導料金などはこちらをご覧ください。

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

にほんブログ村のリンクです
1日にクリックされた数に応じてランキングが上がります。応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

-勉強法・指導法, 指導法

© 2022 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5