" />

お知らせ・告知

プロフィール

プロフィール

「算田数太郎」というペンネームでブログを書いている私のプロフィールを公開します。

基本情報

名前 鵜木(うのき)
年齢 1991年生まれ(31歳)
学歴 麻布中学・高校卒業
明治大学卒業
職歴

SAPIX小学部 非常勤講師(約4年)
公務員 (某都道府県庁・3年半)
中学受験専門個別指導塾 社員講師(約3年)
家庭教師(独立・2年)

指導料金などはこちら

参考家庭教師の指導料金など

算田が家庭教師として授業を行う際の指導料などについて掲載いたします。ありがたいことにお問い合わせをいただくことが多くありますので、こちらのページで公表いたします。 目次1 基本情報2 経歴3 指導料に ...

続きを見る

指導歴

SAPIX講師時代

SAPIX小学部の算数科非常勤講師として約4年勤務しました。
勤務した校舎は渋谷、用賀、たまプラーザ、青葉台、宮前平など。

一番下のコースから一番上のコースまで幅広く担当していました。

公務員時代

事務職の都庁職員として勤務しました。(3年半)

都民対応のある部署(税務関連)だったため、多種多様な方への接し方・接遇など社会人の基礎を学ぶ。
現在の講師の仕事に通じるところもあり、良い経験でした。

個別指導塾時代

中学受験の指導を専門にする、プロ講師のみの個別指導塾で社員講師をしていました。
(私が調べた限りでは、東京の個別指導塾で最も授業料が高い塾でした。当時の私の授業料は1時間あたり1万2千円以上でした)

代々木校舎、成城学園前校舎、南浦和校舎など。

授業料が高額である故にご家庭からの期待は非常に高く、ハイレベルな環境でした。
授業をする講師は全員が専業のプロ講師。年齢層は40代が中心。
当時20代の講師は自分ともう一人しか在籍していませんでした。

新人講師のほとんどが通用せず2年以内に辞めていく厳しい環境でしたが、私は生徒・ご家庭に恵まれたこともあり約3年勤務。
指導で結果を出せていたことから、会社から指導方針に横やりを入れられることも無く、とても良い環境で指導が出来ていました。

しかし自身の力だけで自由に教育に関わってみたいという思いが強くなり、独立を決意。
約3年勤務した後に円満に退社し、独立して家庭教師となりました。

独立・家庭教師(現在)

現在はブログでの情報発信を通じてお問い合わせをいただく形で生徒募集をしています。
家庭教師センターのような仲介会社は一切利用せず、直接募集のみでやらせていただいております。

独立して個人事業主となったことで、指導の方針などを全て自身で責任もって決定できるようになりました。
会社員時代にはできなかったような事。たとえば売り上げにはならないが有効なサポート、面談なども自由に行えるようになりました。

自分が良いと思える指導の形に近づけることが出来ています。

学歴

中学受験

自宅の近くにSAPIX青葉台校が新規開校したことをきっかけに、新4年生から通塾を始めました。
親から「私立の中学にはクーラーが設置されている」とそそのかされたことがきっかけで中学受験の道へ。

とても大変な受験勉強でしたが、麻布中学に合格。

麻布中学・高校

過酷だった中学受験の反動から「絶対に勉強しないぞ!」と固く決意。
6年間を勉強しないままに過ごしてしまい、授業に全くついていけなくなり途方に暮れる。
(落ちこぼれになった経験は、後に講師として授業する際に役立ちました。勉強が分からない子の気持ちがどのようなものなのか、身に染みて理解できました)

部活のハンドボール部や、文化祭実行委員の活動で楽しく過ごす。

大学受験勉強

当時の麻布は俗に「4年生高校」と揶揄される程浪人率が高かったが、ご多聞にもれず私も浪人。
しかし中高6年分の勉強を1年で巻き返すのには無理がありました。
志望校には合格できず、なんとか明治大学にだけ拾ってもらう(ありがとう明治大学!)

大学受験が終わった直後は「あ、失敗してしまった」と思ったのを覚えている。
(今は大好きですよ!明治大学!良い大学でした!)

学歴まとめ

学歴をまとめると「中学受験に全力を出しすぎたせいでその後勉強しなくなってしまった」です。

大学受験での挫折があったからこそ今があり、まわりまわって成功だったと言えるのですが……
短期的な「学歴」という指標で見ると、私の受験勉強は決して成功とは呼べないと思います。
(今では最高に楽しく仕事が出来ているので、満足していますよ!)

私が指導する生徒に望むことは
・中学受験を「学ぶ楽しさ」を知るきっかけにしてほしい
・中学受験を通じて勉強が嫌いになるような事にはなってほしくない

・中学進学後も継続して学び続けて欲しい

です。
自分自身の経験からも、勉強は続けた方が良い、もっとやっておけばよかったと思っています。
自分は決して勉強エリートではないからこそ、できる指導があると思っています。

情報発信

現在の情報発信の手段は三つです。

現在ご覧いただいている「算田数太郎の中学受験ブログ」https://sanda-suutarou.com/

Twitterアカウントの「中学受験版悪魔の辞典」https://twitter.com/devils_dic_edu

実名のTwitterアカウントhttps://twitter.com/sandasuutarou

算田数太郎の中学受験ブログ

ブログが発信している内容は大きく分けて次の三種類です。
・受験生を支える際に気を付けておきたい考え方
・算数指導の専門的な技術論
・受験業界の一般的な知識

読者である保護者様の役に立つ内容を心掛けて発信しています。

中学受験版悪魔の辞典(Twitter)

辞書パロディー形式の、中学受験あるあるネタのようなジョークアカウントです。
「悪魔の辞典」とは、元々はビアス(1842年~没年不明)の著作です。
辞書形式で単語の意味を解説しているのですが、その意味はブラックユーモアに溢れています。

現在では「○○版悪魔の辞典」という派生作品がいくつも書かれています。(例えば「政治版悪魔の辞典」は池上彰氏の執筆で出版されています)

中学受験版の悪魔の辞典が、当アカウントになります。

目的としては
・過熱しがちな中学受験を明るくしたい
・真面目で当たり前の内容を届けるためにはユーモアが必要
・答えではなく問いを提示することで、考えるきっかけにしてほしい

の3点です。

当たり前すぎる基本的な情報をそのまま発信しても、Twitterのような場ではうまく伝わりません。
一方で、センセーショナルではあるが信憑性の怪しい情報がトレンドとして飛び交っています。

中学受験関連の情報でも過激な内容ばかりが取りざたされ、真っ当な指導者の発言が届きにくくなっているように感じていました。

悪魔の辞典のツイートは、よく見ると当たり前の内容がほとんどです。
真っ当な内容をユーモアでコーティングすることで、読者の方が気づきを得るきっかけにしてもらえたら……との思いで更新を続けています。

実名アカウント(Twitter)

悪魔の辞典とは別に、実名の「うのき」名義のアカウントも利用しています。
こちらは真面目な内容を中心に発言しています。

ブログを読むほどではないが、ちょっとしたお役立ち情報を知りたいといったライトな読者の方に届くように発信しています。

仕事

家庭教師

メインの活動は家庭教師としての指導になります。

指導の依頼をご検討中の方はこちらも是非ご覧ください。

no image
指導方針はこちら指導方針

算田数太郎です。中学受験の算数専門で家庭教師をしています。指導範囲は首都圏です。(オンライン指導の場合には日本全国・海外でもOKです) 目次1 指導方針1.1 「解説冊子の0行目」を伝えたい1.2 や ...

続きを見る

料金はこちら家庭教師の指導料金など

算田が家庭教師として授業を行う際の指導料などについて掲載いたします。ありがたいことにお問い合わせをいただくことが多くありますので、こちらのページで公表いたします。 目次1 基本情報2 経歴3 指導料に ...

続きを見る

先生の紹介

知り合いの信頼できる先生をご紹介することも可能です。
算数・国語・理科・社会それぞれ専門のプロの先生がいらっしゃいます。
詳しくはお問い合わせください。

取材・メディアなど

雑誌取材、出版、youtubeコラボなどのお問い合わせの方は、下のメール又はLINE公式からご連絡ください。

連絡・お問い合わせ方法

メール

メールアドレスはこちらになります。
sandasuutarou3.14@gmail.com

LINE公式

LINE公式から連絡していただく事も可能です。(企業の公式LINEなどと同じ仕組みです)

友だち追加

問い合わせフォーム

ブログのサイドバーにある問い合わせフォームからのご連絡も可能です。
匿名で意見・感想を言いたい方などはこちらをご利用ください。

【生徒募集】
①2023年2月からのレギュラー指導の生徒を募集します。
詳しくはこちらをご覧ください。

こちらもCHECK

レギュラー指導の生徒を募集します【2023年2月から】

2023年2月からレギュラーで指導する生徒を募集いたします。 対象生徒:現3年生~5年生 中学受験を予定しているご家庭対象地域:池袋駅からお住まいの最寄り駅まで45分程度の範囲(オンラインの場合は全国 ...

続きを見る

指導料金などはこちらをご覧ください。

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

-お知らせ・告知

© 2022 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5