" />

勉強法・指導法 塾業界・家庭教師業界

「確からしさ」は勉強しなくてよし!無視しよう!【日能研生へ注意喚起】【場合の数】

いくつかのテキストでは場合の数の単元で掲載されていることがある「確からしさ」についての注意喚起記事です。
移転前のアメブロの方で昨年掲載した記事を加筆修正して再掲します。

「確からしさ」とはつまり確率の問題で、昔は中学入試にも出題されていました。
しかし四谷の予習シリーズには全く載っていないですし、SAPIXのレギュラーテキストにも全く載っていません。(土特のテキストに一部残ってしまっているようです)
一方で日能研の本科教室にはまだ「確からしさ」の問題が残っていますし、確認テストにも普通に出題されています。

しかし!しかしこの確からしさは勉強する必要がないのです。

なぜか? 入試に出ないからです。
「出にくい」ではありません。「絶対に出ない」のです。

なぜ入試に出ないと言い切れるのかというと学習指導要領の関係などで、中学入試で出題出来る範囲から外れてしまったのです。
2021年度入試で、確からしさを出題している学校は、おそらく関東で1校もないと思います。(算田も全校確認できている訳ではないので、もし出題している学校があったという場合は情報提供いただけると助かります!)

中学入試は名目上「公立小学校で習う範囲から出る」となっています。開成の問題であっても桜蔭の問題であっても、一応は「学習指導要領の範囲内」から出題されることになっています。
小学校で習う速さの基本の応用だから、複雑な旅人算やダイヤグラムでも解けるよね!という理屈です。
(現実的には公立小学校の勉強だけで開成中学の算数を解くことはほぼ不可能ですが……)

ですので、中学入試で突然三角関数が出題されたり、三次方程式のグラフが出題されたりすることは絶対にありません。
小学校で習う範囲ではないからです。
同じ理屈で、「確からしさ」つまり確率の分野は、今は小学校で学習しないのです。

日能研の本科教室に掲載されているのは、昔の名残です。今は本科教室以外どの塾のテキストにも掲載されていません。
教える仕事をしている立場で見ると、そういえば昔はあったな……と懐かしさすら感じます。

では実際日能研の教室でどう運用されているかというと、先生がその問題は飛ばして教えている校舎もあれば、普通に解説している校舎もあるようです。
校舎によって取り扱いが異なっているようです。

算数の先生の間では、今は確からしさが出ないことは当然のことですが、知らずに勉強してしまっている生徒を見かけるので、改めてブログにしてみました。
とにかく日能研生は、今のうちに「確からしさ」の問題に大きくバツ印をつけて消しておきましょう!
確認テストでは出るかもしれませんが、その問題は入試では出ません! 勇気をもって無視しましょう!

国語が苦手なお子様はこちら

国語嫌い克服!複数人指導コース開講のお知らせ

国語が苦手で困っているご家庭向けに、国語のオンライン授業コースを開講いたします。複数人で受講するため、授業料を抑えて一流講師の授業を提供できることになりました。 苦手科目の対策は最初の一歩が最も大変で ...

続きを見る

【生徒募集】
算田が指導する場合の指導料金などはこちらをご覧ください。

国語の複数人オンライン授業(開講中!新規生徒随時募集してます)
②家庭教師をお探しの方

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

にほんブログ村のリンクです
1日にクリックされた数に応じてランキングが上がります。応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

「弱点診断・テスト分析コンサル」というものも実施しています。詳細はリンクをクリックしてください。

メールアドレス:sandasuutarou3.14@gmail.com

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-勉強法・指導法, 塾業界・家庭教師業界

© 2021 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5