" />

時事ネタ・季節の話題

過去問の2週目を解く意味

あけましておめでとうございます。
2020年はブログを開設し、ブログ経由でのお問い合わせや相談を多数いただきました。ありがとうございます。
私個人的に転機の年となりました。

さてタイトルにもあるように、過去問の2週目を解く意味についてです。
先に結論を書いておきますと、2週目を解くことには高い学習効果があり、おすすめの勉強方法です。
是非2週目の過去問に取り組んでください。
特に1月の受験生は、既に解いた過去問を2回目・3回目と解いていく学習が中心になるかと思います。

一方で、2週目の学習に懐疑的な方の意見としては「1回解いているのなら、答えや解き方を憶えているのでは? だとすると勉強にならないのではないか」
というようなものだと思います。
この意見は半分正しく、半分間違っていると思います。

”解き方を憶えている”というのは半分正解です。過去問を1回目に解いたのは多くの場合は9月~11月かと思います。
かなり時間が経っていますので、何となく憶えていたとしても細かい所は忘れています。
ですから2回目と言えども、時間が経過しているため、新鮮な気持ちで問題に取り組めます。
特に算数の場合は、憶えていたとしても全体のイメージのみで「なんかダイヤグラムを書いたら解けた気がする」という程度のものです。もう一度取り組んだ際には、またほぼゼロから考え直すことになりますので大丈夫です。

もう一つの理由としては、過去問学習は何のためにやるのか、という点に関わります。
決して、点数が取れるかどうかの確認のために行う訳ではありませんよね。
各学校には大なり小なり特徴・傾向というものがあり、学校の”クセ”をつかむための勉強が過去問学習と言えます。
同じ問題を2回3回と解くことで、段々とその学校で良く出る問題が分かってきます。
入試当日に問題を見て「あ!この問題過去問でやったアレに似てる! 同じ解き方が使えるのでは?」と気づけるようにする。というのが過去問学習の大きな目的の一つです。

2週目の過去問学習をおすすめする理由を2つ挙げてみました。
他にも理由・目的はありますが、とにかく2週目・3週目の過去問学習を避ける必要はありません。
しっかりと目的のある勉強方法ですので、ためらうことなく取り組んでください。

国語が苦手なお子様はこちら

国語嫌い克服!複数人指導コース開講のお知らせ

国語が苦手で困っているご家庭向けに、国語のオンライン授業コースを開講いたします。複数人で受講するため、授業料を抑えて一流講師の授業を提供できることになりました。 苦手科目の対策は最初の一歩が最も大変で ...

続きを見る

【生徒募集】
指導料金などはこちらをご覧ください。
以下の生徒を募集します。
国語の複数人オンライン授業(開講中!新規生徒随時募集してます)
②時差のある海外オンライン生・祝日のスポット生

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

【広告】

大手家庭教師センターの一括資料請求はこちら

 

「弱点診断・テスト分析コンサル」というものも実施しています。詳細はリンクをクリックしてください。

にほんブログ村のリンクです
1日にクリックされた数に応じてランキングが上がります。応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

メールアドレス:sandasuutarou3.14@gmail.com

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-時事ネタ・季節の話題

© 2021 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5