" />

塾業界・家庭教師業界

「親は勉強を教えないでください」と言われた。教えちゃダメなの?【そんなことはない!】

塾や家庭教師によっては「お父さんお母さんは勉強を教えないでください。私たちに任せてください」
と言うことがあるようです。

その理由は主に次のようなものだと思います。
①塾と違う解き方で教えてしまうと子供が混乱する
②家庭内で教えるとケンカの元となる

さて、実際の所どうなのでしょうか。
これは先生によって考え方が分かれるところなので、あくまで「算田数太郎はこう思う」という一意見としてお聞きください。

結論から言うと、算田は家庭内で保護者が算数を教えることに大賛成です。
教えられるのであれば、是非教えてあげてください。

可能なら保護者も教えた方が良い理由

家庭教師が関われる時間は限られているからです。
家庭教師は多くの場合周1回120分程度の指導時間しかありません。
家庭内で最も多くの時間を一緒に過ごす保護者の方が教えることが出来るのなら、それは効果的です。

もちろん単元の根本的な考え方や、難問の特別な解き方はプロに任せる方が良いです。
しかし比較的簡単な内容(㎢と㎡の換算や、等差数列の和の公式など)をお子様が忘れてしまっている場合は、家庭内でその場で保護者の方が教えて上げられればその方が効率的です。

では、先にあげたデメリットは大丈夫なのでしょうか?つまり
①塾と違う解き方で教えてしまうと子供が混乱する
②家庭内で教えるとケンカの元となる
の二つの心配です。

さて、この場合はメリットとデメリットの比較衡量になります。つまり、家庭内で保護者が指導することによるメリットとデメリットのどちらが大きいか? という点で判断します。
確かに教え方が混乱してしまう心配はあります。
しかし多少混乱が起きたとしても、家庭内という長い時間を有効活用できるメリットの方が大きいと算田は考えています。

家庭内で算数を教えようとする保護者の方(お父様に多いです)は熱心な方が多く、私たち家庭教師に「この問題の教え方はこの方法で良いのでしょうか?」のように聞いてくださることが多いです。
すると保護者向けに指導のポイントをお伝えすることが出来ます。
ご家庭と家庭教師が連携することで、解き方が混乱する危険性を減らせます。

せっかく家庭内に算数を理解できる保護者がいるのに、それを活用しない理由はないと思います。

教えられなくても大丈夫

さてここまで書くと「やっぱり親も教えないといけないのかしら……」と思われるかもしれません。でもそうではありません。
保護者の方が算数はあまり得意でないなら、塾や家庭教師に任せて大丈夫です。解き方の技術的なことであれば塾や家庭教師で対応可能です。

受験サポートの形は指導だけではありません。
勉強スケジュールの管理もそうですし、例えば暗記の勉強を子供と一緒に覚えて勉強することも大きなサポートです。お父様お母様と一緒に覚えればやる気も出ます。

子を想う親の気持ちは何よりも大きいです。
保護者・生徒・家庭教師の三者一体となって合格に向かって一緒に走りたいと思います。

国語が苦手なお子様はこちら

国語嫌い克服!複数人指導コース開講のお知らせ

国語が苦手で困っているご家庭向けに、国語のオンライン授業コースを開講いたします。複数人で受講するため、授業料を抑えて一流講師の授業を提供できることになりました。 苦手科目の対策は最初の一歩が最も大変で ...

続きを見る

【生徒募集】
指導料金などはこちらをご覧ください。
以下の生徒を募集します。
国語の複数人オンライン授業(開講中!新規生徒随時募集してます)
②時差のある海外オンライン生・祝日のスポット生

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

【広告】

大手家庭教師センターの一括資料請求はこちら

 

「弱点診断・テスト分析コンサル」というものも実施しています。詳細はリンクをクリックしてください。

にほんブログ村のリンクです
1日にクリックされた数に応じてランキングが上がります。応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

メールアドレス:sandasuutarou3.14@gmail.com

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-塾業界・家庭教師業界
-, , , ,

© 2021 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5