" />

中学受験 雑記

算数が苦手な保護者でも子供に算数を「教える」方法

中学受験の算数は難しいですよね。

算数や数学が得意なお父様お母さまでしたら、5年生くらいまでならなんとか教えられるかもしれませんが、6年生にもなると、解くだけでもかなり難しくなります。

数学があまり好きではない保護者様でしたら、まっっっっっったく分からないということも多いでしょう!

心配しないでください。そういうものです。普通の大人では分からないことを受験生はやっています。

それでも!子供に算数を「教える」ことは可能なんです。

どうしたらいいのか? その前に、ちょっと私自身の経験を話させてください。

私自身も中学受験を経験し、運よく某男子御三家中学に合格しました。

当時の私の認識としては、母に算数を「教えてもらっていた」と思っていました。

しかし時は流れ、大人になってから思い返してみると「ウチの母にあんな難しい問題が分かるはずがない!どうやって教えていたんだ?」という疑問がわいてきました。

私の母は特に勉強が得意な人ではないのです。

実家に帰った際に尋ねてみたところ、返ってきた答えは衝撃的でした。「別に何も教えていない」。

母によると

「『どうやって解いたの?』と聞いてみると、いろいろ説明してくれるから、大体正しそうな事を言っていたら『よし!』って返事してただけだ」

とのことでした。

もう、本当に驚きでした。私の認識としては「教えてもらっていた」だったのに……

母は本当は問題は全然分かっていなくて、適当なタイミングで「よし!」と言っていただけだったんだそうです。

さて私の話はここまでです。

子ども自身に解き方や考え方を説明させる、というのは思考の整理につながるため、効果が高いです。

その際、聞き手となるお父様お母さま自身が、必ずしも問題を解けている必要はないのです。

子供に好きなように話させて「なんか正しそうだな」と思ったら「よし!」と言ってあげるだけで意味があります

大人でもそうだと思いますが、誰かに説明することを通じて理解が深まったりします。
算数が苦手な保護者の方だとしても、お子様の中学受験のためにできるサポートは色々とあります。

ぜひお試しください。

※今回の記事は、移転前にアメブロでやっていた時のブログ記事の転載です。当時からの読者の方は読んだことあったと思います。長くご贔屓いただきありがとうございます。

【生徒募集】
算数・国語・理科・社会の家庭教師をお探しの方、ご相談ください。
算田が信頼しているハイレベルな家庭教師の先生をご紹介できます。
メールアドレス:sandasuutarou3.14@gmail.com

※算田の2022年度レギュラー授業の募集は停止しております。
時差のある海外からのオンライン授業など、平日の早い時間をご希望の場合はご相談ください。
算田が指導する場合の指導料金などはこちらをご覧ください。

興味を持っていただけた方は、メール(sandasuutarou3.14@gmail.com)又はライン公式からお気軽にご連絡ください。

友だち追加

LINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。

にほんブログ村のリンクです
1日にクリックされた数に応じてランキングが上がります。応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

-中学受験, 雑記

© 2022 算田数太郎の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5